サーキュラーエコノミー

欧州の市民は、「製品や公共物をできるだけ長く使いたい、故障や破損は修理して使いたい」と考えている。

よいものを長く使いたいということは、環境循環倫理だけではなく、一つの「ブランド」「伝統」志向でもある。

 

参考

「サーキュラーエコノミー」    梅田靖・21世紀政策研究所 編著

他力

古来、見えないものの「外の広がり」は、異界であった。

それ故、見えない異界は、「他者の内部」にもたとえられ、それは「大きな力」(他力)を持つものとして、「キャラクター」として「再現」されていったのである。

 

 参考

「日本異界図典」     朝里樹 監修

認定制度

将来のために「情報処理技術遺産」と「分散コンピュータ博物館」の認定制度を本書はオーラルヒストリーとともにまとめている。

 

参考

情報処理技術遺産とパイオニアたち」    情報処理学会 歴史特別委員会 編

評価学

様々な研究分野を横断した評価学は、実践的応用に洗練され、市民は政策やその運営を考える手がかりを提供しようとする。

そしてそういうことが、「アカウンタビリティ」を単なる「ご説明」や「取り繕う」ことではなくして行くのである。

 

キーワード:総合科学技術・イノベーション会議 科学技術基本法 科学技術基本計画

 

参考

JAXAの研究開発と評価」  張替正敏 山谷清志   南島和久 編